窓口支援事例

柔道畳と家庭用畳の事業化・知財出願戦略
特許 商標 海外展開

日本特殊畳株式会社

所在地 大阪府堺市西区
ホームページ URL http://tokushu-tatami.com/
設立年 2015年 業 種 製造業
従業員数 25人 資本金 1,000万円

企業概要

当社は、60年の歴史をもつタバタ株式会社が生みだしてきた、洗える畳やペット用畳に加え、高い衝撃吸収性を誇る柔道畳、通気性を重視したメッシュクリーンを日本に広めていくため、タバタ株式会社の販売会社として独立しました。当社の社長は、一人の柔道家として、安全性・競技性を追求した納得のいく柔道畳を世の中に届けるのが長年の悲願でした。開発のきっかけは、稽古中に目の前で起きた事故でした。柔道畳を改善することで、柔道で起こる重度の事故やケガを少しでも減らしたいと考え、全力を注いでまいりました。これからも安全・清潔・快適な柔道畳のみならず、新しい家庭用畳を提供致します。

自社の強み

当社の強みは、長年の畳メーカーとしての技術と、畳は進化するという強い想いです。日本人に馴染みの深い畳は、あまりにも暮らしの近くにあるからこそ、逆に、その価値や可能性を見過ごされがちです。
そんな畳を見つめ直し、さらに進化させるために、アイデアとテクノロジーを「かけ算」していきます。
もっともっと。ごろんと、畳に寝転がって、私たちは、普段意識しない畳をもっと価値あるものに致します。
五輪金メダリスト:斉藤仁先生の「体育館の硬いフローリング材に敷く柔道畳をどうにかしたい」との想いと、
学生時代に愛読していました、小林まこと先生の「柔道部物語」が、バイブル的存在です。

一押し商品

当社は、柔道家として安全・清潔・快適を追求した柔道畳:「柔道部物語」を開発しました。
柔道部物語のこだわりは、毎日使う畳の「抗菌性」です。白癬菌に強い抗菌効果と優れた防カビ性を、
(株)神戸製鋼所の粉末状にしたニッケル系合金の抗菌剤を、柔道用畳の材料となる樹脂に練り込んでいます。
衝撃吸収性も従来製品から17%高めることに成功しました。
また、「立ち技と寝技の両面でベストな畳表の深さと柄」を追求し、足さばきと柔道衣との摩擦を実際に試し、
表面の畳柄の凹凸の深さと一本一本の太さについて試作を重ねました。こだわりの詰まった高品質な柔道畳です。

知財総合支援窓口活用のポイント

窓口活用のきっかけ

同社は、畳メーカーとして60年の歴史を持つものづくり企業であることから、長年培ってきた技術と畳は進化するという社長の強い思いから、
新しい畳開発として衝撃吸収性を向上させた新しい畳の開発をきっかけに、知財総合支援窓口に特許出願の相談をすることになりました。

最初の相談概要

堺市産業振興センターの担当者と特許分野の知財専門家の派遣による企業を訪問することで柔道畳の試作品を見せて頂きながら、新しい柔道畳の
アイデア創出、特許出願について支援しました。引き続き、種々の柔道畳の構造を検討し、大阪産業技術総合研究所による衝撃性の試験結果を
踏まえて、「貫通多孔畳」の創出と特許出願について支援しました。

その後の相談概要

引き続きの相談への支援として、「貫通多孔畳」の商品名などのネーミングとブランディング、事業の全体像の整理とビジネスモデル、
4P(製品、販路、価格、プロモーション)などのマーケティング戦略を支援しました。特許発明の柔道畳は、2016年1月末に販売が開始され、
さらに、「貫通多孔畳」の改良発明とPCT国際出願、協力会社との製造技術契約などについて支援しております。

窓口を活用して変わったところ

2013年から同社への知財総合支援窓口の支援が始まっております。当初、社長は、新しい畳の創出に意欲的であるものの、
知的財産については、それほど意識が高いとは言える状態ではありませんでした。何度も知財専門家の派遣による企業訪問をすることで、
新事業における、知的財産の重要性に気付かれ、現在は、事業企画と並行して、戦略的な知的財産権の取得に取り組まれています。

企業からのメッセージ

知財総合支援窓口は、アイデア段階から、事業展開までの知的財産に関する悩みや課題などの相談を一元的に受けつけ、ワンストップで、
知財から販売まで多面的に、幅広い相談に応じ、専門的な知見でもって迅速に対応して頂けます。
開発段階で試作品をみながら、知財について支援して頂けます。

窓口担当者から一言

本件は、アイデアの創出の段階から事業開始まで、知財、契約、マーケットなどについて支援させて頂きました。
相談者は、日本の畳の価値を見つめ直して、熱い想いで、東京オリンピックでの採用を目指して、新しい畳の文化を
世界に広めようされています。これからも、日本の新しい畳が、世界に展開できるように支援を続けていきます。 (大野 健造)

柔道畳と家庭用畳の事業化・知財出願戦略(228.7 KB)

このページを印刷する

掲載年月日:2016年9月16日

ページのTOPに戻る
  • 外国産業財産権侵害対策等支援事業
  • 知的財産権活用企業事例集2016 知恵と知財でがんばる中小企業
  • 平成29年度 初心者向け知的財産権制度説明会
  • 知的財産権活用企業事例集2014 知恵と知財でがんばる中小企業
  • がんばろう日本!知的財産権活用企業事例集2012
  • J-PlatPat
  • Graphic Image Park 画像意匠公報検索支援ツール
  • 開放特許情報 データベース
  • 新興国等知財情報データバンク
  • JETRO
  • イノベーションネット
  • J-Net21支援情報ヘッドライン
  • ミサラボ
  • 中小企業ビジネス支援検索サイトJ-Net21
前へ
次へ
  • 特許庁
  • 各経済産業局等 知的財産室
  • 独立行政法人 工業所有権情報・研修館
  • 知的財産相談・支援ポータルサイト