窓口支援事例

明細書作成と特許出願・早期審査の支援
特許

株式会社クロワッサンサーカス

所在地 奈良県葛城市弁之庄
ホームページ URL http://croissantcircus.co.jp/index.html
設立年 2013年 業 種 サービス業(サーカス)
従業員数 11人 資本金 100万円

企業概要

 当社は「綱渡り」、「パントマイム」、「ダンス」そして「楽器演奏」などのサーカス公演を行っている会社です。日本全国の催し物(大道芸、国際芸術祭など)会場での公演や、海外フェスティバル(東西ヨーロッパ、東南アジア、中国、アメリカ、中南米など)にも数多く出演しています。一般のお客様に楽しんでいただくことはもちろんですが、福島県の子ども達の保養キャンプへ積極的に出演しています。また、太陽光パネルと蓄電バッテリーを本格導入し音響に使用するなどの取り組みをしています。
 右はメンバーの集合写真です。

自社の強み

 当社は「綱渡り」に関しては他の人に真似ができないまでに練習を積み重ね、また様々な身体技法のワークを取り入れ本番の公演に臨んでいます。生演奏とのアンサンブルにより、お客さんの感性にナチュラルにエンターテイメントをお届けしています。また、「高所綱渡り」や「体験綱渡り」に関する設営方法などにおいて様々なスキルとノウハウを有しております。そして、パントマイムやダンスなど楽しい催し物では、子供から大人まで多くの方に喜んでもらっています。

一押し商品

 当社の一押しは「綱渡り」です。韓国の漢河1km(高さ25m)を綱渡りで横断した記録を持っています。通常のロープで行うものは「寝る」「胡坐」「ジャグリング」「パントマイム」「ステップ」等の演出です。また、ワイヤーを使用する距離のあるもの(50m)、高さのあるもの(3m~7m)などバラエティに富んだ綱渡りもあります。2名で行うダブルハイワイヤーでは、同じ綱のセンターで2名が交差するなどスリリングな場面もあります。
 さらに「生演奏」と「パントマイム」(無言劇)で繰り広げられる演出は、言葉や文化の異なる世界中の人々を魅了するとともに、子どもから大人まで年齢を問わず楽しんで頂けます。

知財総合支援窓口活用のポイント

窓口活用のきっかけ

 同社はサーカス公演時における新しい演奏方法及びその楽器の発明をされました。それらの特許を取得したいというのが最初の相談でした。「カホン」という楽器をベースにした手作り楽器を持参して窓口に来られ、初めてその演奏を聞きました。今回の工夫により、2倍、3倍の楽器演奏方法ができるようになったことを目の前で示してもらいました。

最初の相談概要

 2013年12月に初めて窓口に来られ、サーカス公演中の楽器演奏で行った、いくつかの工夫を権利化するための相談となりました。アイディアが具現化されているので、分かり易く、すぐに発明を明細書に書いていくことになりました。最初にアイディアを箇条書きにしてもらい、先行技術調査をしていただきました。先行技術の文献を見つけてもらい、その文献との違いを明確にして、明細書を作成していっていただきました。

その後の相談概要

 初めての明細書作成の過程では、書き方で混乱したり、新しく出てきたアイディアをつけ加えることにより二つの発明が混在したりと、数多くの整理をしてもらいました。「綱渡り」というお仕事の関係で非常に神経を使う時期もありましたが、そのような状態でも前向きに明細書作成を進めて頂き、1年間かけて2014年12月に特許出願に漕ぎつけました。この後すぐに早期審査をするなど、PCT出願を視野に入れた取り組みをされています。

窓口を活用して変わったところ

 サーカス公演をする時と明細書を書く時とで、使う脳が違うと感じながらの明細書作成だったそうです。特許出願で独自性を図りながら、新しい楽器で新しい音楽を演奏し、よりリズミカルな公演とすることで、見ている人に一層の楽しみを与えられると思います。

企業からのメッセージ

 担当して頂いた田中さんは、たいへん丁寧に進行状態を説明して下さり、また、弁理士の先生との無料相談会も調整してくれました。知財の専門的な知識もない状態で取り組み始め、1年間かかりましたが、ようやく出願することができました。素晴らしい経験でした。またトライする機会あれば取り組みたいと思います。

窓口担当者から一言

 いつも朗らかで、そして優しそうな人です。この人が韓国で1km幅の川に張った1本のロープの上を渡り切ったという話を聞き、真剣でないとできない職業にこちらが感銘を受けました。特許が権利化されたら、それを武器に、世界中の公演で活躍されることを祈っています。 (田中 栄一)

明細書作成と特許出願・早期審査の支援(852.4 KB)

このページを印刷する

掲載年月日:2015年4月23日

更新年月日:2017年4月27日

ページのTOPに戻る
  • 外国産業財産権侵害対策等支援事業
  • 知的財産権活用企業事例集2016 知恵と知財でがんばる中小企業
  • 平成29年度 初心者向け知的財産権制度説明会
  • 知的財産権活用企業事例集2014 知恵と知財でがんばる中小企業
  • がんばろう日本!知的財産権活用企業事例集2012
  • J-PlatPat
  • Graphic Image Park 画像意匠公報検索支援ツール
  • 開放特許情報 データベース
  • 新興国等知財情報データバンク
  • JETRO
  • イノベーションネット
  • J-Net21支援情報ヘッドライン
  • ミサラボ
  • 中小企業ビジネス支援検索サイトJ-Net21
前へ
次へ
  • 特許庁
  • 各経済産業局等 知的財産室
  • 独立行政法人 工業所有権情報・研修館
  • 知的財産相談・支援ポータルサイト